DJWarpの音楽の旅

テクノ中心にDJ,DTM,プラグインなど音楽のアウトプット

おさえておきたいDJMのエフェクト

もう秋目前。テクノの秋!

テクノは聴いても気持ちいですがDJすると更に気持ちよくなりますよね。

淡々とした曲でもMIXによってグルーヴが生まれたり、タメたり、躍動感が生まれたりと個性が出るのもDJの面白いところです。

 

今や多くのクラブで導入されているパイオニアのDJミキサーDJMシリーズ。

DJM900NXS2からDJM700あたりまでを見ることが多いですかね。機種によって搭載されているエフェクトの数や種類が違いますが、とりあえず今回はディレイとエコーさえ使えるだけでMIXに幅が出て便利だぜ!って話をしようかと思います。

せっかくエフェクトが付いているので使ってみよう!

本当は動画とかで説明した方がいいんだろうけど、、動画見たい人はYoutubeで検索でもして下さい。

 

f:id:DJWarp:20180927144542j:plain

ディレイもエコーも仕組みを詳しく説明すると長くなるので省きます。ザックリと音の結果だけ知っていればエフェクトとして使えますのでそれで十分!

細かいセッティングがよくわからずに使っていない人も多いと思いますので、これさえやっておけばOKな所だけ説明します。

私も曲を作り始めるまでは1/2だの1/4だのって何のことか分からずに、「よく分からないからエフェクト使わなーい」って思ってましたが、仕組みがわかると何てことありません。(仕組みは今回は説明しませんが)。

テクノDJならこのセッティングしとけば簡単に使えるよーって基本の基本のお話です。

AUTOモードにする。

まずは正確なBPMがセッティグされている事が重要です。

音が遅れて聞こえるエフェクトなのでBPMを正しくセットしないとタイミングがズレて気持ち悪い感じになってしまいます。

DJMには自動でBPMを検出する機能があるのでAUTO BPMをオンにしましょう。

f:id:DJWarp:20180927144804j:plain

 

単純な四つ打ちだとほぼ正確にBPMを検知してくれますが、速い曲やビートが不規則な曲だと間違ってしまう事があるので、その時はTAPボタンをビートに合わせて叩いてBPMを合わせます。BPMが叩く早さに合わせて変化するので、ポンポンとビートに合わせて叩いて合わせましょう。

 

エフェクトをかけるチャンネルをセット

このノブでエフェクトをかけるチャンネルを設定します。

f:id:DJWarp:20180927145003j:plain

写真の状態だとチャンネル1の音だけにエフェクトがかかるようになっています。

好きなチャンネルにエフェクトをかける事もできますが、とりあえず出てくる音にエフェクトかけたいならマスターにセットしておけば大丈夫です。

全体にエフェクトがかかるのが嫌な場合は、特定のチャンネルを選択しましょう。

あとは下のツマミでかけたいエフェクトを選びます。

f:id:DJWarp:20180927145912j:plain

 

ディレイ

やまびこみたいに音が遅れて跳ね返ってくるやつ。

エフェクトかけたら遅れて跳ね返ってきた音が重なる感じがわかると思います。

問題なのは使い方です。簡単にDJで使うためのオススメセッティングは「1/2」です。

ディスプレイの下のBEATというボタンを押すと1/4とか1/2とか色々出てきます。

f:id:DJWarp:20180927145518j:plain

仕組みがわからないと何のことやら・・って数字ですが、仕組みを知らない人なら「1/2」にしとけば大丈夫!

LEVEL/DEPTHのツマミを12時の方向にしておいてエフェクトボタン(青く光るやつね)を押すと、遅れてきた音が拍子の裏に入るので効果がわかりやすいです。

ドンチッ!ドンチッ!ドンチッ!ドンチッ!って曲に1/2のディレイをかけると

ドンドン!ドンドン!ドンドン!ドンドン!と聞こえるはずです。

DJする時の使いどころとしては4小節目にかけると「ドン!ドン!」ってなって簡単な変化を生み出す事ができるので、単調になりがちな曲でオカズとして入れると飽きずにグルーヴも生み出せます。

エフェクトをかけながら1/2から1/4に変えても面白い効果がありますが、やりすぎるとバタバタに聞こえるので要所要所で使うといいと思います。

 

エコー

ディレイもエコーも跳ね返ってくる音を再現するエフェクトです。先ほどのディレイのように音が跳ね返って聞こえるのですが、エコーの方がより深くかかって、曲のビート感が薄れてモヤモヤした感じの深い残響に包まれる音になります。

エコーのセッティングは3/4がオススメ。

f:id:DJWarp:20180927145535j:plain

LEVEL/DEPTHのツマミを一番左(エフェクトがかからない状態)にしておいてエフェクトボタンを押します(青く光るやつね)。

そこからツマミを徐々に右側に回していくとエコーが深くかかっていって、ほら!シュワンシュワンな音になったでしょ?

フィルターと合わせて上手く使うと何でもないビートだけの曲でも自分でブレイクを作って盛り上げる事ができるので本当に本当に重宝します。

自分でブレイク(ビートのないいわゆるタメる部分)が作れるなんて!とてもクリエイティブで素晴らしくありませんか?

エコーが使いこなせるとMIX失敗した時も上手くごまかせるので便利です。

気持ちよくMIXしてたら片方の曲がブレイクに入って、もう片方の音を抜きそびれてしまい、音を抜くに抜けない・・なんて事ありませんか?

そんな時は曲の展開に合わせて8小節目にピークが来るように徐々にツマミをあげてエコーかけて逃げ切れば大丈夫!

 

ちなみに、音の抜き差しを8小節とか16小節の単位で綺麗にすればMIXは上手く聞こえます。8小節目や16小節目にエフェクトをかけるとフィル感が出てカッコよく聞こえます。中途半端なところで音が入ったり、消えたりしたら気持ち悪く感じてしまうもんね。

 

ハイ!

という訳でこの2つだけ覚えておけば十分楽しめます。

ディレイは1/2

エコーは3/4

今日はこれだけ覚えて帰ってください。

 

ディレイやエコーなどはセッティングをしなければいけないので面倒だなーと思っていた方や、よくわからないと思って使っていなかった方はこの数字を参考に使ってみてください。本当に便利ですので!

フィルターは触ればすぐにわかるので説明は不要ですね。

TRANSとかROLLも楽しくてアクセントになるエフェクトなので同じように試して見ると楽しいですぜ!

とりあえず触って音を出してみて感覚を掴むと色々なエフェクトが使えるようになってプレイの幅が広がります。

 

という訳で今回はDJMのエフェクトについて書いてみました。

音楽の話なのに文章だけで説明するのって難しい。。

写真はDJM900NXS2のものですが基本的な使い方はDJMシリーズどれも同じです。

 

自分の表現したいMIXにあったエフェクトを探して使い倒そう!

とはいえ、エフェクト機能は無ければ無いでMIXに集中できるメリットもありますし、エフェクトかけずに曲のオリジナリティーを大切にしたいって考え方もあるし、いずれにせよ自分の好きなように音楽を楽しめばいいと思うよー。

って訳で今日もテクノを楽しも〜♪

日本のテクノ 特集 Vol.04 Kick.S

不定期に公開している日本のテクノアーティスト特集の第4弾!

 

 今回は大阪を中心に活動されているKick.Sさんです。

f:id:DJWarp:20180823072627j:plain

先月滋賀県のクラブMoveで行われたイベントに出演されていたKick.Sさんにお話をお伺いすることができました。

アシッドなトラックを独特の世界観で表現するKick.Sさんは昨年オーストラリアのHypnotic Roomからリリースしたアルバムも話題になりました。

 

Kick.S インタビュー

*簡単に経歴を教えてください。

中学生の頃にクラッシックの作曲家にあこがれて作曲の勉強を独学で始めました。
和声法、対位法、移調、などを勉強後にフルスコアを書き、高校生になって絵画にのめりこみしばらく作曲活動から離れていました。
20歳の頃にPCを使って作曲出来ることを知り制作活動を再開。当時、pentium4のPCではスムーズに制作することが出来なかったためハードのみの制作スタイルに移行。
Myspaceのコンテストに投稿し続けているうちに声がかかりHOUSE STUDIO-Rからリリースをスタートしました。
来日していたElektraxmusicのオーナーに直接デモを渡して認めてもらい、Elektraxmusicからのリリースがスタートして今に至ります。


*Kick.Sさんといえばアシッドのイメージですが、どのように現在のスタイルにたどり着いたのですか?

初めて買ったDAWFL Studio 5だったのですが、そのソフトのデモにTB303のフレーズが入っていて、この音はなんだ?ってなって調べたらTB303だったというのを知りました。そして、TB303はその当時から高かったので、代わりにFutureRetro Revolutionを手に入れて使い始めたのが始まりです。


*なるほど、では現在使用している機材を挙げて頂けますか?
/// ハード ///
Digitakt
Virus TI2
Nord wave
MIDIMINI (前期型)
ANDROMEDA A6
Starstream Type-1
Proteus Orchestra
Planet Earth
SID MIDIVOX V2
CRITTER & GUITARI KALEIDLOOP
YAMAH TX802
YAMAHA Reface DX
KORG 01RW
KORG MS20 (前期型)
KORG RADIAS
KORG TR-Rack
KORG Electribe SX
KORG Electribe MX
ARP ODYSSEY (KORG)
TR9090
Acidlab Miami
xOxbOx
xOxbOx 2VCO mod
xOxbOx xOxHaert-mod
xOxbOx Black Enclosure
xOxbOx Bass Boost mod

/// エフェクター ///
BEHRINGER 2496
MXR carbon copy bright
Eventide space
Sherman Fileterbank 2
Strymon BigSky
Strymon TimeLine
TC Flashback Triple
Lexicon PCM 80
jomox T-resonator
Hackme Rockit
BOSS DD-500
BOSS SE-70
YAMAHA SPX990
YAMAHA DR100
VOX ToneLab
VOX double deca delay
EHX LPB-1
EHX platform
EHX Small Clone
EHX Small Stone
EHX Cathedral
EHX OP-AMP Big Muff
EHX Operation Overlord
EHX Green Russian Big Muff
EHX Deluxe Electric Mistress

/// レコーディング ///
YAMAHA MV802
MACKIE VLZ3 - 1202
BOSS BX-4
A&H Mixwizard
FMR Audio RNC1773 (E)
SSL XLogic Alpha Channel
YAMAHA MSP5
SONY PCM - D50

*スタジオの写真を送っていただきました*

f:id:DJWarp:20180823073955j:plain

f:id:DJWarp:20180823073954j:plain

f:id:DJWarp:20180823082307j:plain

*周りに機材を並べて座ってライブをするスタイルも印象的でした。どのように今のやり方に行き着いたのでしょうか?

ライブを始めたころは立っていました。
しかし、機材が増えていくと乗せるためのスタンドが複数必要になってきて、会場にあればいいですがほとんどの場合足りないか無いかのどちらかです。そこで地面に機材を置けば解決という発想が誕生しました。
座ってライブするというのはスタンドや板などの余分な荷物が増えることがなく、ほとんどの場所で出来るスタイルなのでおススメです(笑)。スタジオの写真を見てわかる通り自宅での制作も座っています。

f:id:DJWarp:20180823073933j:plain


*クラブMOVEでのライブはとても圧巻でかっこよかったです。特に音の分離感がよくキック一つとってもものすごく粒立ちの良い音で迫力がありました。何か秘訣があるのでしょうか?

KORG Electribe SXには真空管が付いているのですが、金物(ハイハットやシンバルなど)は真空管で強めに歪ませています。
キックは歪ませていませんが、低域50Hzのピークを基準にやや下の45Hzあたりをブーストし、アタックが聴こえる帯域の800Hz~1.7kHzをブーストしています。そして、キックとベース以外はローカットしてキックのアタックと重ならないようにEQでカットする処理をしています。

ここからは説明がややこしくてうまく伝わらないかもしれません。
Electribe SX​にはサンプルに対してモジュレーションをかけることが出来るのですが、ここにアタックを強くするモジュレーションタイプがあってアンプとアサインすることでキックのアタックや胴鳴りを強くする設定が出来ます。
あとキックは機材を使って自分で作ります。主にMIDIMINI、TR-Rack、Electribe SX​、Digitaktの4つとミキサーを使って作成していてこれを使うとかなりいい感じのキックが作れます。
他にはベースとキックのピークが重ならないようにマスターチューニングをずらしたり、かさなるときはベースのアタックをずらしたりなどの工夫をしています。

f:id:DJWarp:20180823074015j:plain

 


*独特な世界観のあるライブが物凄く好評でしたね。よく見ると機材にデザインを施している様に見えました。どのようにされているのですか?

ペンで直接描いて、消えないように上からクリアーでコーティング塗装をしています。

f:id:DJWarp:20180823082200j:plain

f:id:DJWarp:20180823073959j:plain


*これからハードで製作をしようとする方がいたら何をお勧めしますか?

Digitaktをおススメします。サンプラーシーケンサーとしての性能がすばらしいです。ただし高域の音ヌケがいまいちなので工夫が必要です。

 
*製作はどのくらいの時間をかけて行っているのですか?

実際に動かす時間であれば短くて30分、長くて1日です。ただ、1曲作るのに必要な時間はその人が生きてきた時間が必要なので、私の場合は制作時間が34年になります。


*深いですね!製作時に集中力を保つ秘訣があれば教えてください

逆に集中しないようにしていて、なるべくリラックスした環境で制作できるようにしています。日常生活の中で制作をしています。


*これからのライブやリリースの告知があれば教えてください。

定期的にライブ中心のイベントを主催しているのですが、次は9月23日(日)です。
このイベントはAcidイベントになります。あとはAcid2018を近々リリース予定です。

 f:id:DJWarp:20180830095829j:plain

*リリース楽しみにしています!本日はありがとうございました。

ありがとうございました。

 

というわけで、9/23のライブ、お近くの方は是非とも足を運んでみてください!

 

Kick.Sさんのトラックはビートポートでも販売中!

www.beatport.com

 

Kick.Sさんのブログはこちらです。

http://electronica-mini.blogspot.com/

 

日本のテクノも楽しみましょうー♪ 

フリーのキックを集めてみた

暑いよ!夏。

今日もテクノ聴いて元気に乗り切りましょう!

キックとはバスドラムの事です。

 

テクノ聴いてて「これまで何回キックの音聴いてきたんやろ?」って思ったことありませんか?

BPM125の曲だと1時間で7500拍だけど、キックが抜けてる部分もあるから大雑把に1時間に5000回のキックの音を聴いてて、毎日30分1年間聴いてるだけで912,500回のキックを聴いてる計算になるのかぁー。一日30分以上は聴いてるから1年でザックリ100万回聴いてるなー・・なんてこと考えてました。(俺どんだけ暇なんや!)

 

キックはダンスミュージックにとってとても大切ですよね。

DAWで製作を行う時にプリセットで入ってるキックの音を使うこともできますが、そのままの音だと物足りない事が多いのでコンプやEQやで調整が必要になります。初心者の方にとってはハードルが高く感じるかもしれません。

私はテクノを作り始めた頃どうもキックに迫力がなく、曲に全体のクオリティが低くなってしまう悩みを抱えていましたが、極太のキックサンプルを手に入れて一気に解決しました。

フリーで提供されているキックを集めてみましたので、これからテクノやダンスミュージックを作る方は参考にして、素敵なキックライフをお送りください。

 

f:id:DJWarp:20180730150443j:plain

フリーでダウンロードできるキック10選! 

1:Markus Hakala’s Kicks All In One: 500 Free Kicks In Total!

500ものキックを収録したパックが無料!

ダンスミュージックに使える太いキックも沢山入っていてとりあえず500個あれば自分の好みのキックが見つかるに違いありません!

テクノやハウスの人には特にしっくりくるキックがありますので即戦力として!

こちらでダウンロードできます。

howtomakeelectronicmusic.com

 

 2:TRISAMPLES 100 Kick Drum Vol.01

こちらは100のキックを収録!

バラエティーに富んだ内容で様々なダンスミュージックに対応するような色々な種類のキックが収録されています。歪んだキックとかも入ってますので、これがあれば幅が広がりそうですぜ。長さがまちまちだったり寄せて集めた感じがしますね。

trisamples.com

 

3:W.A Production FREE Kick Samples 2018

こちらはW.A.Productionのサンクラをフォローしたりメールアドレス登録したりとちょいと手がかかりますが7つのフォルダに各20の合計140のキックが収録されています。

キックのファイル名が1から20まであって、各フォルダで同じファイル名を使っているのでフォルダ移動して使うときとかにややこしいですが、無料だからね。我慢しましょう。アタックの強いタイトなキックが多い印象です。エレクトロハウスとか作りたい人にはピッタリなのではないでしょうか。

www.waproduction.com

 

4:99 Sounds Free Kick Drum Samples

色々なフリーのサンプルが盛りだくさんの99 Soundsのキックコレクションです。Traditional Kick,Minimal Kick, Subby Kicksと3つのフォルダに合計120のキックが収められています。チュンチュンなるサイケなアタックのキックが多い印象。Subby Kicksのフォルダの中には低音満載のキックが入っていて重ねたりして色々使えそうな感じです。

99sounds.org

 

5:F9 Audio F9 Free Production Kick Drums

こちらは21のキックが収録されていますが乾いたアタックに極太の胴鳴りで音の粒だちが良くてミニマルとかで映えそうなキックが収録されています。

数は少ないけどクオリティーの高いキックです。

www.f9-audio.com

 

6:Myloops 10 Free Progressive Kicks

こちらもアールアドレスの登録でダウンロードできます。

プロフレッシブハウスのキックなので808系のキックかと思いきや以外にブッといキックが10収録されています。数は少ないけどこれは使えるキックです。

www.myloops.net

 

7:Wave Alchemy Club Kicks

こちらはメールアドレスの登録が必要です。サインインするとダウンロードできます。2つのフォルダに合計140のキックが収録されています。当たり外れが大きいですがなかなか芯のあるキックも多く収録されています。持っておいて損はないと思います。

www.wavealchemy.co.uk

 

8:Abletunes 100 Free EDM Kick Drums

こちらは100のキックとオマケでワンショットのドラム素材が一緒に入っているパックです。EDMのキックということですが派手な感じではなく、アタックが強めでタイトで乾いたキックが収められています。キックの存在感はしっかり出しつつ低音を少し絞って他の音が前に出やすくしているような印象のキックが多かったです。

abletunes.com

 

9:Echo Sound Works Free Kick Samples

こちらもメールアドレスの登録でダウンロードできます。

音圧高くて迫力のある少し癖のあるキックが24収録されています。

ハードなテクノとかに合いそうなキックもちらほら。数は少ないですが持っておくと使う日が来そうな予感がします。

www.echosoundworks.com

 

10:Makr Samples Free 808 Kick Samples

キックといえばローランドの名器TR-808のキックを抜きにしては語れない!

こちらでは25種のキックが収録されていますが、、あれ?想像していたのと違う感じのだぞ!・・。録音状態も少し微妙ですが、膨よかで豊かな低音が鳴り響くキックです。正直このままでは使えない気もします。ベース音として使ったり低音部を支えるサブキックとして使ったりもできそうです。

makrsamples.com

 

 

というわけで10選を紹介しました。

他にもいくつかダウンロードしてみましたが微妙なものは載せませんでした。

今回紹介したサイトだけで1,180ものキックを手に入れることができます。

キックは単体で使うだけでなく重ねたり、キック用のシンセに取り込んで加工したりと使い方も色々!たくさん持っていると選択肢も広がっていいこと間違いなし!

 

私はかっこいいキックをBig Kickというプラグインに取り込んでさらに加工して使っています。すげーキックができた!と思って音を足していくと埋もれちゃったりすることもよくあるんですよね。バランスって難しい・・誰か教えて!

 

なお、紹介したリンク先ではメールアドレスの登録が必要なものや、違うダウンロードボタンを押してしまうと全然別のページに飛ばされたりするものがあります。自己責任でダウンロードしてください。変な広告に引っかからないでね。

リンク切れになっている場合があるかもですが、基本ブログは書きっぱなしなのでメンテしていません。。ググったらたくさん出てくるよ。

 

以前書いた太いキックの作り方も参考にどうぞ。

djwarp.hatenablog.com

 

今月はテクノのライブを見てキックの鳴りの大切さを感じたのでした。

やっぱり大きな音で聴くテクノは最高!

さぁ!夏はクラブでテクノをたのしもー!