DJWarpの音楽の旅

テクノやDTM,DJ,Apple Musicなど音楽のアウトプット

DJの為のサウンドチェック術

クラブでDJをする時には営業前にサウンドチェックを行います。

実際に音を出して音の鳴り方を確認したり、機材を一通り触って問題なく動くかを確認するのです。

f:id:DJWarp:20160913175926j:image

 

DJがサウンドチェック時に確認すべきポイント5つをまとめました。

 

DJの為のサウンドチェック術

①ブースの機材チェック

箱(クラブ等イベント会場)に元から設置してある機材を使う場合は事前に機材の稼働状況を確認しておかないと、後からCDJのボタンを壊した…等と言われても困ります。キチンと確認しておきましょう。

CDJはプレイボタンが効きにくくなる故障が多いので必ず確認しておきましょう。

また、ミキサーのフェーダーに付いてるキャップも無くなりやすいので事前に外れてないか確認して、元から無い場合は事前にクラブ側と確認しておかないとトラブルの元になります。

クラブ側もイベントの主催者にケチを付けて機材台を払わしてやろう…なんて思っている訳では無くイベントに協力的な事が多いのですが、昨今の機材はとにかく値段が高い!修理代もバカにならないですし、翌日からのイベントで機材が使えなくなる訳にもいきません。

お互いの信頼関係を間違いないものにしておく為にはしっかり確認しておくことが大切です。

 

②音量のチェック

必ず事前にどのレベルまで音量を出して良いのかをチェックしましょう。

PAさんが付いているクラブならある程度のリアルタイムな調整を行ってくれるでしょうが、殆どの小さなクラブでは営業後に細かく調整する事はありません。

DJミキサーのマスターレベルが「ココまで!」とか宅ミキサーの「このラインまで!」とかクラブによってマックスの音量を決めていますので、絶対にそのレベルを超えないように確認をしておきましょう。

一旦営業が始まるとだんだんと大音量に慣れてきてテンションも上がってしまいボリュームを上げてしまいがちです。ミキサーの赤いランプが点きっぱなし!なんて事になってはいませんか?

ミキサーの赤ランプが付いてる様な状態では良い音がフロアに送られません。イベントの序盤では少し音を抑えてスタートするのがベストです。

決められたラインを超えてシステムを壊してしまう様な事があってはイベントも台無しですし、クラブやお客さんの耳に損害を与えてしまうかもしれません!

何よりもベストな音を届ける為にレベルはしっかりと確認します。

 

③フロアのサウンドチェック

実際に音を流してフロアでの聞こえ方を確認しましょう。全てのスピーカーから音が出ているのか?変なノイズが乗ってないか?

自分のよく知るトラックをかけてフロアでの鳴りを確かめます。

サウンドチェックでフロアに降りずに何曲かブースで繋ぐプレイだけやってOK!って言ってるDJがたまにいますがフロアの音を聞かずにサウンドチェックと言えるのでしょうか?フロアの音こそ表現の場ですぜ!

お客さんがフロアでどのように音が聴こえてるのか?を知らずにハイが良く出るシステムのクラブでハイのEQを無駄に上げてお客さんから「耳を殺す気かっ!ヘタクソ!」って思われないようにね!

 

実際にプロのDJはどのように考えてサウンドチェックを行っているのかをテクノDJのDJ WadaさんとQ'heyさんに訪ねてみましたので、後ほど紹介します。

 

④モニタースピーカーのサウンドチェック

DJブースにはモニタースピーカーが必ずあります。ますばモニタースピーカーからちゃんと音が出ているのか?をチェックします。

モニタースピーカーに低音のボリュームを期待してはいけません。またイベントが始まるとDJが交代する度にモニタースピーカーの音量もどんどん上がってしまいがちです。(特に下手なDJほどモニタースピーカーやヘッドホンモニターの音量を上げる法則があるように思う!気をつけて!)モニタースピーカーはフロアのスピーカーとは違い安価なアンプ等に繋げて鳴らしている事もあるので音量を上げる程解像度が落ちて余計にモニターし辛くなります。

 

また、モニタースピーカーとフロアから聞こえる音のタイムラグはどのくらいか?を確認する事も重要です。

フロアのメインスピーカーから出る低音がクラブの四方の壁にぶつかってボワンボワンと反射してブースに聴こえてきます。低音ほど音のスピードが遅く高音ほど音のスピードが速いので、特に低音が遅れて聞こえてくるのです。

遅れると言ってもほんの僅かな差なのですが、Sync機能を使わないアナログDJやCD,USBのDJにとってはとても大きなタイムラグなのです。音のスピードの違いからも耳でピッチを合わせるには高音で合わせるのがセオリーなのですが、家でキックの音でタイミングを合わせる癖がついてしまってるとクラブでのタイムラグに騙されて音がズレてしまいます。

メインスピーカーからの低音とモニタースピーカーからの音を聞き分けてプレイできるように、しっかりとモニタースピーカーの音の出方はチェックしておきましょう。

 

⑤前後のDJの流れや機材を確認

ひとえにDJと言っても、アナログ派、CDJ派、PCDJ派、iPad派?等スタイルは様々です。

特にPCDJはPCやコントローラー、オーディオインターフェースなどセッティングするスペースが必要です。前後のDJが使う機材やミキサーのどのチャンネルを使うか?などを事前に確認しておかないと、ターンテーブルの蓋の上に置いて用意していた機材が、アナログDJによって全て隅に追いやられてしまって、直前にケーブル繋いであたふた…となってしまう事があります。ちゃんと出演者のプレイを確認しておかないとこうなってしまいます、

アナログDJからすると、自分の機材の上に人の機材載せられたら邪魔ですし、逆の立場だったらどうでしょう?自分のPCの上に人のコントローラー載せられたら?いい気分はしないはずです。

 

また別のDJがやりにくくなってしまったり、機材を落したり無くしたりしてしまわない様にキチンと邪魔にならない所に置いて待機しておくなど配慮をしましょう!

 

【プロのサウンドチェック事情】

実際にプロのDJはどのようにサウンドチェックを行っているのか、テクノのDJとして全国のクラブや海外でのプレイ経験も豊富な大ベテランであるDJ WADA さんとQ'heyさんにコメントを頂きました。

 

DJ WADAさん

エンジニアさんを尊重して、リハでは出音とモニターの音に差異がないか、どういった傾向の音かをチェックしています。

お客さんがいない状態と入った状態でもまた音が違って聴こえるので、自分のプレー前のDJさんの音も参考にさせてもらっています。

 

Q'heyさん

現場によっては、低音の出方、高音の出方には、システムや周辺の環境的に限界(特に低音)があると思うので、あまり過度な要求はしないようにしています。

ただ、5kHzには注意をしています。
出過ぎると一番耳に痛い、フロアで会話がしづらい周波数になると思います。
ここを下げてもテクノ的な響きにはトータルで影響は少ないし、オーディエンスが耳が疲れてフロアを離れるということも軽減できるでしょう。
ブースモニターがイコライジングできる現場では、5kHz周辺を完全に下げてもらったりしてます。5kHz周辺の調整なら、どの現場でも対応が可能だと思います。

 

という訳で、お二人とも現場のサウンドの傾向を把握した上でプレイされているという共通点があります。現場の音を大きく変える様な要求をしないのは、各クラブがそれぞれのサウンドシステムや考え方により決めた音を尊重しつつ自分の色を出していくという事なんですね、興味深いですね。

WADAさんの言うようにフロアの音は人の入り具合によっても変わります。服装や人数により音の反響が変わるからですね。

細かくEQさばきを行うWADAさんらしく音の変化に敏感に対応する姿勢は僕らも見習う大きな価値があります!

また、Q'heyさんの言う5kHzを抑えるという話は、なるほど!と思いました。耳に優しく長くフロアにいれるように工夫しているんですね。

5kHzだと人のこと話し声も大きく被る帯域なので、大音量のフロアでもちゃんと声が通って聞こえて長居しやすいんですね。

是非ともDJはクラブの方の同意の元に調整をお願してみるのも良いですね。

 DJはクラブで少しでも良いプレイをする為にもサウンドチェックは怠ることなくしっかりやっておきましょう!

 

楽しむ為に・・

また、クラブに遊びに行く人は、沢山の機材によって音が出ている事を知っておきましょう。しかもその機材はとても高い!!

DJブースにお酒や水をこぼしたら、機材が壊れてしまいますっ!

ブースのDJにお酒をごちそうしようと、フロア側から機材越しにドリンクを渡したりするのはご法度ですぞ!

DJもドリンクは機材周りにおかないのが基本です!


大音量で聴くテクノは本当に最高です、マナーを守ってクラブでの音楽をガッツリ楽しもう!

さぁ!クラブへ行こう!

テクノの聴き方を掘り下げる②

前回は四つ打ちのテクノを「裏」でリズムに乗る事でグルーヴを強く感じることができる事を書きました。

djwarp.hatenablog.com

 

今回も引き続きテクノの聴き方を考えていきます。

普通に聴けばイイじゃん!って思うかもしれませんが、テクノはとても機能的な音楽の側面を持っていて、クラブで大音量でDJがプレイしお客さんが踊る事を前提に作られている曲がほとんどです。そのツボを押さえて聴く事で楽しみ方が増えていくのがテクノの面白さの一つなのです。

今回のテーマを頭に入れてテクノを聞くと楽しさ倍増しますぜ!

f:id:DJWarp:20160827030125j:plain

 

今回のテーマは

②DJミックスを楽しむ!

 

当たりまえやん!って話しですが、DJがMixする事を前提に作られている音楽なので、DJがプレイして初めてその機能的な作りが活きてきます。

 

そもそも何でMixするのか?

それはプレイしている曲を止める事なくグルーヴを維持したまま次の曲に移る事を繰り返す事で大きな流れを作り、ストーリー性のある音楽の流れを作ったり、ひたすらDEEPな世界に引き込んだりする為です。

YouTubeで動画みてたら途中で広告入ることあってイラッってしますよね。流れを断ち切らないということはとても大切なんです。

曲の速さ(BPM)が曲ごとに変わると踊りにくいし、流れが変わってしまうので曲の速さを揃えてプレイするのもMixの目的の一つです。

まるで素材の組み合わせによって料理を作っていく様な感覚です。

DJによって薄味が好みであったり、濃い味のメインデッシュ多めだったり、箸休めの小料理があったりと多種多様な世界観を生み出す事ができるのが、DJ Mixの面白さなのです。

 

テクノの1曲1曲はMixにおける素材の様な要素を持っています。

Mixされる事を前提に作っているのでほとんどのテクノは序盤と終盤はMixしやすいようにリズム隊メインで作られています。序盤や終盤は別の曲と混ざっている時間なので急展開や変なブレイクは殆ど無いようにできています。

Mixされることで曲の面白みが増すのですが、Mixには曲と曲の繋ぎの部分を楽しむミクロな視点と、何曲もMixする事でDJがコントロールしようとしている大きな流れを楽しむというマクロな視点、の2つの面白さがあります。

 

②-1 Mixの繋ぎ目を楽しむ!

ジャンルやDJによって1曲のプレイ時間が全然違いますが、ココでは2曲のテクノをジワジワMixする話をします。(EDMとかだと1分位でポンポンMixするみたいですし、Deep Houseだと何分もかけてゆっくりMixするロングミックスも珍しくありません。)

 

四つ打ちのテクノは一曲大体6分〜8分位の尺でできています。それをどんどん繋いで行くので実質一曲あたり3〜5分位がプレイされている時間になります。

Mixは4小節から32小節くらいかけて行われる事が多いですが、気持ちのいいMixは8小節、16小節、32小節の物ですね。ロングミックスだと64小節Mixしっぱなしって事もあります。

1小節とはザックリ言うと、4つ打ちの曲でバスドラムが「ドン!ドン!ドン!ドン!」って4回なる間を指します。

 

ゆっくり音が混ざりながら、アレ?いつの間に変わったの?って具合にナチュラルにMixだと踊っていてもとても楽しくて、どんどん気持ちよくなってきますよね。

最近はデジタルDJがほとんどなので、下手なアナログDJがよくやるバスドラムがズレて「ドドん!ドドん!」って汚くMixされているのを聴く事は少なくなりましたが、リズムがズレてしまうと、それまで積み上げてきた物が一気に崩れてまた最初からグルーヴの積み直しになっちゃうので、リズムが崩れない事はとても大切な事なんです。

 

テクノではバスドラムが曲の主導権を握っています。例えるならバスドラムがご飯で上物の音はオカズみたいな感じ。ブレイクに入るとバスドラム(ご飯)が抜けてオカズばっかになって、あーご飯が欲しい!あーー!ご飯が欲しーーーっ!ってなってからの、ドーン!ってバスドラムが入ってくると、ご飯キターー!ってなって盛り上がるんです。

 

Mixにおいて曲が入れ替わる瞬間とはバスドラムが入れ替わる瞬間でもあります。

主導権を次の曲に受け渡すのはバスドラムが入れ替わる事で確実なものになります。

 曲のMixはほとんどが高音から混ぜていきますので、Mixが始まるとハイハットなど高い音が重なってフランジした状態に聞こえてきます。

 ジワジワと高音と中音がミックスされて、最後に低音のバスドラムが入れ替わると曲の主導権がMixされた新たな曲へと移っていきます。

上手いDJは4小説とか8小節のタイミングに合わせて音を混ぜたり、音を大きくしたりして、あたかも曲の展開のようにナチュラルにMixします。

Mix部分では思い切りの良し悪しや楽曲の理解度が垣間見えます。

あ!Mixが始まったかな?と思ったらどのように曲の主導権(バスドラム)を移すのかに注目していくとそのDJの個性が感じられてMix聴くのがとても楽しくなりますぜ!

バスドラムの入れ替えはMixにとってとても重要な場面の一つです。せーのっ!でドン!と入れ替えたりジワァ〜っと入れ替えたり音が抜けるタイミングに合わせて入れ替えたり曲や場面やDJの好みでやり方が違うので是非注目してみて下さい!

「あー、このDJは繊細にMixするから細かい性格なのかな?」とか、「大雑把だけど勢いよくMixしてるから、迷わず決断力と実行力があるタイプなのかな?」と性格を妄想するのもオススメ!何故か女性DJの方が男らしく、バッサリ前の曲を切ってタイトで小気味良いMixをする方が多い気がします。

前の曲を切るに切れなくて、変なタイミングでフェードアウトするような女々しいMixは男の人に多い(全体の数が男の人が多いので当然ですが)気がしますね。女々しいぞ!男どもめ!

f:id:DJWarp:20160827030246j:plain

②-2 Mixの流れを楽しむ!

Mixの瞬間を楽しめるようになったら全体の流れに目を向けて行きます。

ずーっと同じテンションで曲が流れるだけでは楽しくないので、DJは意図的に流れを作ります。お客さんの反応を見て方向性を見極めて「もー少し引っ張るか」とか「ちょいとサゲて展開作るか」とか考えて選曲をしていきます。

DJはストーリーのあるプレイを目指しているはずので、聴く側としてはその意図を推し測る事ができます。

何故DJは次の曲にコレを選んだのか!?

何を考えているのか!?

を考えてみるのも面白いです。

テクノDJの田中フミヤさんの頭の中をわかるようにしたDVDが発売されていて、コチラでチラリと見れます。彼が何を意図して選曲しているかが解ります。メッチャ面白いです!

youtu.be

 

DJは意図的にサゲたり、アゲたり、色を変えてみたり、キープしてみたりと基本お客さんの反応を見ながら展開を作っていきます。

ハードな曲に注目が集まり易いですが、アゲっぱなしでは単調で飽きてしまいます。必ずサゲて行く場面も出てくるのですが、どの位サゲていくのか!?ゆーっくり落とす人もいれば、急にサゲて急速にクールダウンさせる人もいてDJのセンスの見せ所でもあります。

「あ!サゲに入ったな!」と解ると、流れを作ろうとしている意図が垣間見えて「なるほど、フロアの温度を落とす気だな!さて、では次の一手はどうきますかな!?」とDJの心理を妄想しながら踊るのも楽しいよ!(本当はそんなこと考えずに頭カラッポで踊るのが一番気持ち良いんだけどね)

流れが変わる瞬間も見逃せません!ミニマルから急にパーカーッシブな音数の多い曲に変わったとか、ハウスっぽい曲からプログレっぽい曲に変わったとか分かりやすい方向転換もあれば、流れのスムーズさを重視して少しずつ角度を変えていくやり方など、DJの個性や局面で色々な選択肢があるので十人十色の流れを楽しめる訳です。

歌物ハウスのDJなら歌の歌詞繋がりだったり、意味繋がりでプレイを進めたりとジャンルによって選曲の切り口も変わるのが面白い所でもあります。

 

Mixを楽しむのは、テクノに限らずダンスミュージック全てに当てはまりますが、特にテクノには「ひたすら音が繰り返され踊る」部分に特化していて1曲1曲をパーツと捉えてプレイしていけるので、Mixによって生み出される小さな変化やうねりを大きく捉えて楽しむ事ができるんですよね。

シンプルな繰り返しの中、Mixによって生まれるグルーヴに神経を研ぎ澄ませていくと内側から溢れ出るような気持ち良さを感じる事ができますぜ!

 

まとめ

野球を単に「実力のぶつかり合い」と見るよりも「頭脳戦」の側面がある事を知っていて見るほうがより野球を楽しめるように、テクノも聴き方の切り口を増やすと楽しさが倍増するんです☆

 とはいえ、そもそもテクノは余計な物を無くしてシンプルに「気持ち良さ」を追求してきた音楽です。難しい事をグダグダ考えなくでも繰り返されるリズムに身をまかせればそれで十分!頭カラッポが一番楽しいしね!

特に大きな音で低音の振動を身体に感じて聴くと、遺伝子に刻まれた衝動が目を覚ますことでしょう。

よし!クラブへ行こう!

テクノの聴き方を掘り下げる①

テクノ大好き~!

テクノといっても種類が沢山ありますが、ここでは4つ打ちのクラブミュージックのテクノの話をしたいと思います。

テクノはひたすらドンチードンチーの繰り返し。

この繰り返しが高揚感であったり浮遊感を与えてくれます。

テクノは踊るにも良し!ドライブで聴くも良し!仕事や作業しながら聴くにも良し!

うん!テクノ最高!

 

普通に聴いていても楽しいテクノですが、切り口を変えて聴くと違った楽しさも見えてきますので、いくつか紹介していきます。

ポケモンgoで忙しいので今日は①だけ!

 

①ウラで踊る!

テクノを聴いて踊る時に殆どの人はバスドラムの「ドンッ」って音に合わせて踊っていると思います。「ドンッ・ドンッ・ドンッ・ドンッ」って音に合わせて身体や首を動かして踊ったりノったりしますよね。

以前クラブでフロアの後ろの方から踊っている人をぼーっと眺めていたら、ある外国人だけ皆と違う感じで踊っている事に気が付きました。

よく観察するとその人は「ドンッ」のバスドラムではなく、「ドンッ」と「ドンッ」の間になっているハイハットの「チー」という音に合わせて踊っている事に気が付きました。

いわゆるウラ拍ですね。

「ドンチードンチー」の「チー」の部分に合わせて踊っていたのです。

僕もやってみました!「チー」に合わせて踊ってみると・・「何だコレ!!全然違う!!」

驚きました!!!

同じ四つ打ちの曲なのに、ウラで踊るとハイハットに合わせて踊る事になるので、特にハイハットが跳ねてる(スイングがかかっている)曲は感じるグルーヴ感が体感で2倍ほど違います!(当社比)

ディープハウスやテックハウスなどでは極端にハネてるハイハットが入ってたりするので面白さが倍増します。

ハイハットの細かな強弱の差や音のスキマの差に気がつくと更に楽しさ倍増!

 

ウラ拍で踊ると曲のグルーヴを全開に感じる事が出来るので、クラブで是非試してください!「ドンチー・ドンチー」の「チー」の部分に合わせてリズムを取るだけ。身体が慣れるまではぎこちないですが、慣れると調楽しい!

ヘタなDJがプレイしていてもアラ不思議!ウラで踊ると曲の良さが2倍に引き出されて楽しくなります!

フロアでぼーっとスマホ眺めてるつまらなさそうな人に教えてあげてください。

ウラで踊ると些細なハイハットの変化やタメがダイレクトに感じられてジワジワと身体の内側から気持ち良くなるようなグルーヴを感じる事ができます。

 

更にウラのハイハットの音が16分で2回の場合、つまり「ドンチチ・ドンチチ」と聴こえる「チチ」の部分です。この「チチ」と2回なっているハイハットが入っているテクノがあったら「チチ」の音の「チとチ」の間のスキマに注目して下さい!

音の間のスキマなので時間で言うと本当に0.0何秒の細かな差なのですが、とても大切なんです!

2回目の「チ」の音を少し遅らせる事でとてもグルーヴィーになるのでこのスキマに注目して踊るとさらに楽しく踊れます!

「チチ」は素晴らしいぞ!

 

さらに腕の立つウラ拍の気持ち良さを熟知している素敵なDJであれば、飽きないよう裏の音をEQやフィルターで細かく変化をさせてくれたりします。ウラで踊るとこの小さな変化が大きな変化に感じられてとても気持ちがイイんです!

 

ウラ拍で踊る事ができれば音楽も楽しくなって、沢山踊ってカロリーも消費して良い事ずくめ!(すぐにビールが飲みたくなるけどね!)

さぁ!クラブへ行こう!