DJWarpの音楽の旅

テクノやDTM,DJ,Apple Musicなど音楽のアウトプット

テクノの聴き方を掘り下げる③16小節の魔力

今日はテクノの聴き方を掘り下げる、第3弾

16小節の魔力について考えます。

f:id:DJWarp:20170206231016j:plain

これまでテクノの聴き方を掘り下げてきました。

①はウラのリズムで踊る

 

djwarp.hatenablog.com

②はミックスを楽しむ

 

djwarp.hatenablog.com

に続いての第3弾!です。

テクノの聴き方を掘り下げて骨の髄まで楽しんでやりましょう!

 

 16小節の魔力

 

テクノは繰り返しの音楽。ひたすらにドンチードンチーを繰り返して、繰り返しの中に生まれるグルーヴ感や身体の内側から吹き出す気持ち良さのような快感を生み出します。(ここで言うテクノとはダンスミュージックの4つ打ちのテクノを指します。)

テクノはひたすらに繰り返しの音楽ですが音が増えたり減ったり、リズムが消えたり帰ってきたりといった展開があるのが普通です。

一般的なPops などでは2小節とか4小節でどんどん展開して行きますが、テクノでは8小節か16小節で大きく展開という事がとても多く、30秒以上同じフレーズの繰り返しもよくあります。その為、普段ダンスミュージックを聴かない人からは「無駄に長い」とか「ずーっと同じ繰り返しに聴こえる」等と言われがち。。。

繰り返しの気持ち良さをテクノで踊った経験の無い人に説明するのはとても難しい。

 ずーっと同じフレーズの繰り返しを聴いてるとジワジワとアガっていくのって、まるで白いご飯をずーっと噛んでると甘みが増してくる感覚のように「じわぁ〜」って来るんだよね!

 うーん、、こんな感じで伝わるでしょうか?

 

そもそも1小節とは?

4つ打ちの音楽においては、「ドン!」のバスドラムが4回、つまり「ドン!ドン!ドン!ドン!」の長さが1小節です。

 16小節だと4つ打ちでバスドラム64回分「ドン!」が繰り返される長さって訳です。

120BPMのテクノの曲だとすると16小節は32秒!32秒もずーっと同じループが繰り返される訳です。うん!長いね!

ついでにBPMとはBeats Per Minuteの略でテンポを表す単位です。1分間に何拍か?という事を表す数字です。120BPMだと1分間に120拍の早さです。

ゆるいハウスやテクノがBPM120~124、125くらいからスピード感が出てきて130BPM超えると段々ハードなビートっぽくなって135BPM以上になるとハードなテクノが多いです。

16小節を意識して聴く

基本は8小節で音が加わったり、引かれたりを繰り返しますが、完全にリズムが抜けたり、大きな展開や曲を左右する音の抜き差しは16小節単位で行われる事が多いです。なぜなら、気持ちがイイから!

理屈は抜きにして、16小節で展開する方が気持ちがイイんです!特にループが主体のダンスミュージックはね!

だから、テクノを聴くときは16小節という長さを意識して聴いてみて下さい。

クラブとかで踊ってると特に意識していなくても踊ってて「あー!ココでハイハットの音が来たらいいなぁ、あっ!キター!!」みたいな事ってありませんか?

それは正に16小節で曲が展開してる瞬間に違いありません。

8小節より16小節の方が「もったいぶってる」感が強くでるので、展開した時の気持ち良さが増すんですよね。

テクノを聴くと「やる気」や「意欲」を高めると言われるノルアドレナリンや「脳内麻薬」と言われるベータエンドルフィンが分泌されるいう研究結果もあります。

http:// https://www.ncbi.nlm.nih.gov/m/pubmed/9506313/

やはり、テクノを聴くと気持ち良くなるのは間違いなかった!

僕の感覚では、同じリズムやフレーズを聴くうちに頭の中でも同じフレーズが鳴って、脳内と外の音がシンクロする事で脳に届く音の刺激が倍増して気持ち良くなっているように思います。(誰かに伝わってほしい!この感覚!!)

しかも、テクノは歌やメッセージ性も無い(事がほとんど)でただひたすら同じフレーズの繰り返し。つまり聴き手の解釈の幅が広い=聴き手に主導権がある音楽でもあります。

繰り返しのフレーズに身体を委ねて小さな変化に神経を尖らせると、身体の内側からジワジワアガってくる踊りたくなる衝動!

繰り返すからこそ生まれる「小さな変化」の「大きなインパクト」は16小節という長い時間を引っ張る事で際立っているんですね!

 

DJとして意識する16小節

コレを踏まえて、、DJをする時は16小節を意識してMIXをすると気持ち良くMIXできます。8小節でもうまくミックスできる事も多いですが、16小節の展開に合わせて曲を入れ替えたりブレイクに入ったりすると気持ちの良いミックスになります。

慌てて次にミックスする曲をスタートしちゃうと1小節目のつもりが、5小節目に頭を合わせてしまったミックスになっちゃって踊ってて気持ちの悪い展開になる…なんて事もよくありますので要注意!(DJなら誰もがやっちゃった事あるやつ)

短くポンポン繋いでいくスタイルやジャンルもありますが、ロングミックスの時は16小節を意識すると間違いなく気持ちのイイミックスになりますぜ!あまり声高には言われませんが、とても大切な事です。

 ミックスする時の音の入れ方もジワジワとフェーダーを上げてふわぁ〜っと音を出すよりも4小節とか8小節とか曲の展開に合わせて音をクイッ!クイッ!と出して行くとミックスがよりスムーズに聞こえます。音を減らす時も同じく8小節とか16小節の区切りでEQで曲の主導権を渡したり、音を切ると自然に聞こえます。

そういえば、女性DJの方がバッサリと曲を切り替えて行くのが上手くて、男性DJの方がダラダラゆっくりフェードアウトして女々しく中途半端な音がずっと残ってるミックス多い気がします。このスキルを磨いて頑張れ男どもよ!

ミックスが中途半端な音の減らし方になっている人は4小節、8小節16小節でカクカク音を上げ下げするミックスを試してみて下さい。

 

テクノを作る時の16小節

テクノは同じフレーズの繰り返しの音楽です。特にテクノの要はリズム!

リズムがしっかり出来ていればずーっと踊っていられます。テクノを作る時は何度も何度も何度も何度もループして聴いている為自分で良いのか悪いのかわからなくなる事があります。

そんな時は私が基準にしてる法則、コチラ。

「本当に良いリズムは16小節変化なしに踊っていられる」

この法則に照らし合わせて音を立て聴きながら踊ります♪16小節変化なしでも踊っていて耐えられる出来栄えであればOK!ちょっと物足りないなーって思えば作り直し、、の繰り返し。

特にリズムが16小節の魔力を発揮できているかを踊りながら見直すんですね。

自分が踊れない曲で人が踊るワケないもんね!

32小節変化無し!ってテクノもありますが、私は怖くてまだ32小節展開なしというテクノは作った事はありません。いつか32小節変化なしでもグイグイ引きつけていられるリズムやフレーズが生まれるといいなー!

 

f:id:DJWarp:20170206231056j:plain

と、言う訳で普段聴いてるテクノやミックスも16小節を意識して聴くと、少し深くて気持ち良く聴こえると思います。

お試しあれ〜!

そしてやはり大きい音で聴くのが一番気持ちイイ!

さぁ!クラブへ行こう!

太いキックの作り方

あけましテクノ!

今日はテクノの太いキック(バスドラムの音)を作る現場を見てきたレポートをお届けします。

 

昨年、オーストラリアでDJをした後にElektrax Recordings というテクノのレーベルをいくつも抱えているレーベルオーナーで、自身もDJ Hi-ShockやAdvanced Human 名義で活躍するレーベルオーナー、サイモン氏のシドニーのスタジオにお邪魔して一緒にテクノを作ってきました。

ついでに彼のAbleton のプロジェクトファイルを幾つか覗かせて貰って、どのように製作しているのかをチェックしてきました。

 

彼の”Advanced Human”名義のトラックは実に太いキックを使ってダークなテクノでカッコいい!ビートポートのテクノチャートを賑わしたり、彼のアナログ盤はいつもテクニークでも売り切れる程の人気ぶりです。Luke Slaterも彼の曲をプレイしています。コチラで試聴できます。

www.beatport.com

彼が行なっている太いキックの作り方を見てきましたので、遅くなりましたが簡単に紹介をしてみます。

 

1.キックを重ねる

彼は曲によってキックを2〜4つも重ねて鳴らしていました。そう多いときは4つも!

キックを重ねる手法は良くある手法ですが、これまで私が知っていたのはキックのアタックの部分を鳴らす為のキックと胴鳴りの低音部を鳴らす合計2つのキックを重ねて一つの音を作り出す…という手法でしたが、4つも重ねてあるとはビックリ!

アタック部分を聴かせたいキック以外のキックはそれぞれアタック部分のケアが必要です。アタックがズレて聞こえないようにアタックを遅くして「ドン」ってキックの音が「ゥウン」と鳴るように設定します。

「ドッ」とアタックがしっかり聴こえるキックと「ゥウン」と低音がうなるキック達が重なってとてもブッとい「ドゥウン!!」となるキックの出来上がり!

 

2.調整する

あとは音を聴きながらEQで調整を行います。

f:id:DJWarp:20161102225524j:plain

コチラの写真はFabfilterでローとハイをカットしていますが、ほとんどはAbletonエフェクターでまかなっていました。

f:id:DJWarp:20161103005027j:plain

話を聞くと50Hz辺りをグイと持ち上げ、20Hz以下のローをカットして、後はAbleton 内蔵のコンプレッサーやサチュレーターで音を整えて終了!

WavesのコンプやFabfilterを使用する事もあるそうですが、基本Ableton内蔵のエフェクトで十分だよとの事!

 

f:id:DJWarp:20161103010048j:plain

以上。終わり!

ワイルドや!スゲー!

キックは二つ以上重ねると調整が難しくなりますが、そんなの御構い無し!って感じでガンガン重ねてぶっといキックを作っていたのが印象的でした。

そんなに重ねて大丈夫?って聞いたら「だってカッコ良い音になるだろ?」ってカッコいい太いキックを聴かされるとぐうの音もでません。

 そうだった!そもそもテクノを作るのにセオリーだの作り方だの気にしてやる必要は無かったんだ!

とはいえ、ちゃんと一つのキックとして聴こえなければ意味がありません。一番の問題は先ほども書いたようにキックのアタックの部分です。二つ以上のキックを重ねた時にアタックが少しでもズレて聴こえると下手なDJのミックスのようにドドッンという音になってしまいキックがぼやけてしまいます。

その為、選択肢は2つ。ひとつは、重ねるキックのアタックを全く同じタイミングに揃えるか、ふたつ目は、アタックを聴かせるキックを一つだけ鳴らして残りのキックのアタック部分を抑えるかです。いずれにせよ、音がぶつかり合うのでなかなか簡単にはいかないのですが、彼はキックの音を聴きながらどちらがカッコよく聴こるか耳を頼りに選択してEQで調整後コンプで一体感を出してました。

EQは幾つも重ねて通してるのも肝のようです。

シンプルに考えよう

キックを沢山重ねる方法は僕の中では「え!?だってそんなに重ねたらまとまった音に聞こえないんじゃ?」とか「綺麗なキックではなくブーミーなキックになっちゃうんじゃ?」って思ってましたが、結局カッコいいテクノ作ればプロセスは何でもありなんです。だってテクノだもの。あとは現場で使えるかどうかはDJや踊る人がジャッジしていくだけだもの。テクノだもの。人間だもの。

「作り方」と言っておきながら、ただ重ねるだけでした・・ってシンプルな方法ですがテクノを作る人は色々な組み合わせを試してみてはいかがでしょうか?

低音がしっかり聴こえるモニタースピーカーやヘッドホンで作業をしないと現場でスカスカなキックになってしまうのでモニター環境はしっかりと揃えましょう!40Hzから50Hzの周辺の厚みでキックのキャラクターも大きく変わるので、しっかり聴こえる環境でモニターして作らないと低音が少なすぎたり、大きすぎたりしてクラブでデカイ音で鳴らした時に差がでちゃいます。サイモン氏はKRKの口径の大きなモニタースピーカーでメッチャでかい音でモニターしてました。

人の制作過程を見る事で発見がある!あー楽しい!

重ねたキックが活きるテクノ(ハードなテクノ)や、シンプルに単音キックの素材の音重視のテクノ(ミニマルやアシッド)などあると思いますが、あまり難しい事考えずにシンプルに出音がカッコいいかどうかを考えて前に進む事が大切なんだなぁと思いました。

 

作ってみた

で、早速キックを沢山重ねてキックを作ってできたテクノがコチラ。

soundcloud.com

 教えてもらって帰ってすぐにサクっと作ってみました。

キックを3つ重ねています。インダストリアルな堅い感じのキックになりました。

 

2017年ものんびり月1のペースで更新していきます。

ことしもよろしくお願いしMASSIVE!

趣味に打ち込む仕事術。その1

私は、とある会社で働きながらDJやテクノの制作を続けています。

 世のDJの98%はDJを生業とせず別の仕事を持っている人か学生です。それぞれ仕事や勉強等をこなしながらDJをやっています。

DJだけて食べていける人はわずか1%以下!しかしDJブースに立てば同じ土俵。プロに負けるプレイはしたくありません。

 

しかし!DJをする為には「時間」が必要です。

新譜のチェック、曲の整理、選曲、タグやキューポイントの設定、DJの練習やクラブの出入り、情報交換、アナログDJなら特にレコードの並び順や量を絞るのに一苦労。。

当然好きでやっているので、とにかく楽しくて時間があっという間に過ぎてしまい時間がいくらあっても足りません。好きな事をすると余計に時間が経つのが早く感じます。

またトラックの制作においても、同じように機材やPCと向かい合ってひたすら音を積み上げていがなければならずとても多くの時間を費やします。

 

DJや音楽の制作に沢山の時間を割いていく為には仕事を出来るだけ効率よく終わらせる事が重要です。

仕事早く終わらせる→音楽に時間が費やせる→音楽のクオリティーが上がる→仕事も音楽も充実!!

という流れが理想的です。

 

今日は仕事を効率よく終わらせる為の仕事術を紹介する第一弾。

主に音楽目線から書いていますが、他の趣味などにも応用できると思います。

さぁ仕事を早く終わらせて自分の趣味の時間を増やし、人生を仕事から取り戻すんだ! 

 

f:id:DJWarp:20161205080146j:plain

①まずは片付けから始めよう

あなたのワークスペースは綺麗ですか?

ビジネスマンは一年間で平均150時間の探し物をしていると言われています。ハンカチだったり、引き出しにしまったはずの資料だったり、保存先を忘れたファイルだったり。

物を探す時間に多くの時間を取られてしまっては仕事も上手く進めていけません。

片付けの基本は、物や情報の置き場所を明確にして毎日リセットする事です。

物の「定位置」を決めて、使ったら元に戻すことが大切です。

共有しているモノやファイルもキチンとルールを決めて置き場所を決めましょう。

ズボラな人がいる職場では良く物が無くなったり、同じものが沢山あったりします。テープで目張りして場所を明確化したり、モノとしまうべき場所に同じ目印のシールを貼ったりして迷子にならないようにします。

遠回りに見えますが、仕事中に探し物をしない為の準備は間違いなく時間を作る為の近道です。

フォルダの管理やデスク周りの整理など、まずは一回ベストな状態を作りましょう。あとは維持していくだけですが、ココが一番難しい。

仕事終わりに整理整頓するクセをつける事が必要です。引き出しにチョコレートを入れておいて、片付けたらご褒美に一つ食べて帰る・・ような仕組みを作ると楽しく習慣化できます。

 

整理整頓が大切なのはDJの準備でも同じ事が言えます。

プレイ中にえーっと、、あの曲どこだっけ?と次の曲を探していたらプレイ中の曲が終わってしまった…なんて事はDJにはあってはなりません。特にPCでのDJは膨大な量の曲を持ち運べるのでサッと曲を取り出せるように準備はしっかりとしておきましょう。

昔ある野外パーティーでチルアウトDJで有名なMixmaster MorrisがDJしている最中に雨が降り始めました、すると彼はカーペンターズ のRainy Days And Mondays をプレイしたのです!(カバーだったのかも)。雨にピッタリな選曲で、野外イベントにとって大敵のはずの雨が味方に変わった瞬間でした。自然の力に逆らわずに選曲で雨を楽しくする彼のとっさのプレイに鳥肌が立ったのを覚えています。

彼はどのように曲を管理をしていたのかはわかりませんが、すぐに取り出せるように整理してある事は伺い知れます。整理して常に必要な物をサッと取り出す事が出来る事は当然ビジネスでも趣味や音楽においても大切な事なのです。

 

曲の製作においても整理しておく事はとても大切です。

私はリズム系のオーディオサンプルをコツコツと集めていました。気がつくと200GB程の膨大な量になってしまい、音を探すのに時間がムダにかかっていました。

そこで、よく使う音や気に入った音を厳選して「リズム一軍」のフォルダを作ってみたところ、一気にスピードアップ!(自分比2.5倍!)

勢いやノリで作る事も大切なダンスミュージックですから、音のファイルを探すのに手間取ってモソモソしてる間にテンションが下がってしまっては台無しです。

 

冒頭で紹介した、ビジネスマンが1年で150時間の探し物をしているという話、1日3分の整理整頓で探し物の時間が1/3に減るとすると、差し引き80〜90時間以上の時間が捻出できる事になります。浮いた時間で仕事を素早く進めて行きましょ!

 

②To Doリストを作る

仕事に終わりはありません。勝手にどんどん増えて行く仕事もあれば、自分から増やし続ければならない仕事もあります。

膨大な量の仕事を効率的にこなすには、優先順位をつけていかなければなりません。

全てのやるべき事をTo Doリストに落とし込み、仕事を「見える化」する事はとても大切です。何よりも気持ちがスッキリします。

「わー!忙しい〜!やる事多くて終わらね〜!」とモヤモヤしたストレスを抱えてはいませんか?

・やる事を書き出して、優先順位を付ける。

・順番に取り掛かって終わったら消す!

これだけです。

今はアプリでもTo Doリスト系のものが充実していますのでスマホで簡単にタスクを打ち込んで並べ替えができます。

 簡単なメモ程度のものならClear というアプリがオススメ!綺麗なデザインで簡単に順番の入れ替えが出来ます。

ガッツリやりたい人はNozbeというアプリがオススメです。有料だけど。

仕事量が多くて精神的にしんどい人にはデビッドアレンの提唱する「GTD」というタスク管理方がオススメです。ハードル高いけどググってみて。最初は大変だけどストレスから解き放たれたようなスッキリ感が半端ないです!

 

更に、優先順位だけではこなせない小さな事は

「細切れ時間にやる事リスト」を作る事をオススメします。電車の待ち時間や移動の時間、待ち合わせに早めに着いて潰す時間等にこなせるような、小さな事「資料の確認、★★帳の整理、レシピを調べる、休日の買い出しリストを作る、英単語をアプリで覚える、来年の目標を考える」など細切れ時間でできる事をやるだけで時間が効率的に流れます!

 

To Doリストはもちろん趣味や音楽の世界にも有役立つ!

私も音楽に関するやるべき事だけで、リミックスの制作、新譜のチェック、デモのチェック、メールの返信、プロモの返信、曲のタグ付けやコメント記入・フォルダ別け、オリジナル曲の制作、音作り、ポッドキャスト用のDJ Mixの作成、新しいプラグインのチェック、リリースのお手伝いやマスタリング、告知、リミキサーへのコンタクトや新しいアーティストへのフィードバック、ブログの更新、記事の寄稿など、、やる事が沢山あってTo Doリストがなければ頭がパンクしてしまいます。

色々試した結果、現在はTo Doリストを紙に書く方法にしました。人によってベストは方法が違うのでしょうが私はアナログな「手書き」が一番合っている様です。

名刺程の大きさの紙に1枚につき1つ「やるべき事」を書いて順番に並べて管理をしています。

仕事も趣味も目標に向かって階段を登る為にはTo Doリストの積み重ねが重要です。

 

③睡眠時間は削らない

一番簡単に時間を捻出できるのは睡眠時間を飾る事です。

好きな音楽を聴いたりテレビを見てついつい夜更かししてしまった経験はありますよね?

翌朝起きるのがしんどくなるけど、ついつい夜更かししてしまいがち…

しかし、仕事を効率的にこなすには睡眠時間はとても大事!1日5〜7時間はきっちり睡眠をとって仕事に備えます。睡眠不足で仕事の効率が落ちると、ダラダラと残業が増え「自分の好きな事」ができる時間が減ってしまいます。

ちゃんと寝て効率よく仕事を終わらせる→自分の時間も充実→仕事の評価も上がる→給料や役職が上がる→自分の仕事時間をコントロールできる立場になる→ますます自分の時間を自由に使えるようになる

という流れが実現すれば、好きな機材や時間を手にするのも容易になっていくに違いありません。(理想ね!理想は!)

 また、年齢による活動時間を見極める事も重要です。よくビジネス書に朝型は最高!と書かれていますが20代ではメラトニンの分泌量がまだ多い為、無理やり朝型に切り替えると身体のバランスを崩しかねません。私も20代の頃は何度も朝型への切り替えを試みましたが上手く行きませんでした。30代を過ぎるとメラトニンの分泌量が減ってきて早起きも苦になりません。

若いうちは夜の時間に趣味を充実させる、但し催眠時間は削らない。

30代を過ぎると身体と相談しながら朝型に切り替える。朝型は仕事も趣味も効率的にこなせます。

そして何よりクリエイティブな脳を維持する為には睡眠はとても大切なのです。

睡眠中はレム睡眠とノンレム睡眠が交互にやってきて、レム睡眠中に脳内の記憶の整理が行われています。これによりしっかりと記憶が定着するわけですが、睡眠が十分に取れていないと記憶の定着が十分に行われません。

新しいアイデアは記憶と経験から掛けあわされた物がほとんどです。睡眠を十分に取ることにより記憶が定着しアイデアの源へと育っていくのです。

 

 簡単に手を付ける事が出来る「睡眠時間の削減」は最終手段です。もしどうしようもなく睡眠を削るしかないのであれば、短めの睡眠でもグッスリ寝るために硬めの敷布団で寝る事と、朝しっかりと日光を浴びてメラトニンの分泌を止め身体を睡眠モードから切り替える事が重要です。

 私は睡眠時間を削る為にショートスリーパーを目指し何冊かの本を読み実践を試みましたが、昼間の眠気がひどく挫折しました・・。向き不向きがあるのでしょうが、睡眠不足は仕事の効率や自分の機嫌まで悪くなってしまうのでオススメできません。

 

私の一番物事がはかどる時間帯は「午前」です。(歳のせいかも)

休日は「午前」に最大限の活動ができるように朝早く起きたり、夜メッチャ早く寝て「午前」の早い時間に起きたりしています。

「午前」は邪魔が入らないのが一番の特徴。TVやメール、★★などの誘惑から逃れて好きな事に打ち込む事が出来ます。特に早朝は最高に集中力が高まります。

 

というわけで、今日は3つの仕事術を紹介しました。睡眠時間は仕事術とは言えないかもしれませんが・・睡眠は人生のベースとなる部分でもあるので仕事にも趣味の時間にとっても、とても大切なのです。

私の周りでは様々な職業の方がDJとして活躍しています。プログラマーであったり営業マンであったり、看護師であったり、職人さんであったり、それぞれ仕事のやり方や自由になる時間の量が違っても、皆音楽への熱い情熱を持っていて、とても楽しんでいます。彼らは皆限られた時間を活用し本当にやりたい事に時間を注ぎこんでいます。

 

仕事に忙殺されて、家ではTV見てネット見てゴロゴロしてしまう君! 

今日紹介したポイントを押さえて、仕事を早く終わらせるのだ!

そして自分の時間を増やし、人生を仕事から取り戻せ!