読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DJWarpの音楽の旅

テクノやDTM,DJ,Apple Musicなど音楽のアウトプット

マキシマイザーDeeMax使ってみた

VST 制作

コチラのDeeMaxの記事をみて

www.dtmstation.com

 

早速買って試してみました!

DeeMaxはマキシマイザーという音圧を上げるプラグインです。

詳しい内容は↑のページに載ってますのでそちらに譲るとして使ってみました!

f:id:DJWarp:20151125015134j:plain

 パラメーターがこの大きなレバーのみ!と割り切った設計!

これはわかりやすい!

「発進!」ってな感じでレバーをグイっと上げると音圧がアップするシンプルで使いやすいマキシマイザーです。

一般的なマキシマイザー、リミッターではThresholdやRelease timeなどパラメーターが幾つもあるのでコンプを極めてない僕は毎度不安を抱えて設定をするのですが、DeeMaxはレバーを上げるだけ!なので簡単に操作できます。

 

目盛が0から100まであって100に近づけるほど音圧が上がっていきます。

早速簡単なテクノなリズムのループを作って試してみました。

f:id:DJWarp:20151125021521j:plain

レバーをドンドンとアゲいくと~!音がドンドンと大きくなります!

割と上げてもバランスが保ててるので便利!グイっと上げていくと簡単に音圧が上がります。

4小節ごとにDeeMaxの目盛を2づつ上げるオートメーションを書いて録音してみました。

f:id:DJWarp:20151125022921j:plain

 

最初の4小節はDeeMaxがかかってない状態で、以後2づつ目盛を上げていって、聴き比べてみました。今回の元の音のボリュームの場合ここまで上げるとバリバリになってしまいましたが、今回の音源の場合実際に使うとすると20-30くらいの間で使う感じになりそうです。

音圧を上げていくとハイハットの音などが大きくなってバランスが変わる事が多いので、今回もいつもの感覚で最初にキックとベースを大きくしてたら、そのままのバランスに近い形で音が大きくなってしまい、ハットやパーカッションなどのリズムが小さく聴こえてしまう事となりました。それだけ元のバランスを保ててるという事なのでしょう。

思いっきり上げると音が気持よく歪むので、任意のパートにエフェクトとして使うのも楽しいかもしれません。

サンプルを作ってアップしようと思いましたがAbletonが落ちたのでやめました・・。(ムキー!OzoneとかWavesプラグインをモリモリ立ち上げて聴き比べようとしたら我が古いPCには耐えられなかったようです。残念)

 

このマキシマイザーはなんといってもお値段もお買い得!

12/31まで29ドルでの販売!(以降は49ドル)

お早めに!!

コチラで購入できます。

DOTEC-AUDIO - "DeeMax" VST plug-in

 

こりゃー安くて便利!

お試しもできるので使って試してみてはいかがでしょーか?

 

手持ちのOzone7と比べると低音がボワンボワンと鳴るのでシャープにしたいときはEQなどで調整するとイイと思います。

お手軽にファットに音圧をグイッ!!!って上げられるのでキックとかに刺したりして使って行くつもり☆