読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DJWarpの音楽の旅

テクノやDTM,DJ,Apple Musicなど音楽のアウトプット

わずか6チャンネルで作られたテクノ

以前、6チャンネルのテクノを募集している紹介をしていましたが、遂にリリースが決まりました。

 
Chocolate Minimal Houseと題したコンピレーションで3/20(ミニマルの日)にビートポートにて先行販売されます。
 

f:id:DJWarp:20160221015854j:plain

子供の頃にジャンケンして、チョキ出して勝ったら、チ・ヨ・コ・レ・イ・トって6歩進む遊びをやってましたよね?
あれ?昭和だけ…??
私の住んでいた所ではグーは「グリコ」、パーは「パラシュート」でしたが、全国的にはパーの「パイナップル」が主流のようです。
グーで勝つと3歩しか進めないので、パーかチョキで勝ちたいのですが、パーはチョキに負ける為チョキを出す確率が増える…仕方ないからグーで勝つ。というような駆け引きが楽しかったですよね。
あ、ジャンケンの話をしたかったのではなく、チョコレートは6歩なので、今回のコンピレーションもチ・ヨ・コ・レ・イ・トの「6」にちなんで
「6チャンネルのみでテクノを作る事」
というルールが適用されたのでした。
 
という訳で、6チャンネルだけで作り出されたミニマルテクノが16曲集まったコンピレーションができました。
 
全曲バスドラムは使われているので、残りは5チャンネル分。ほとんどのテクノではハイハットとベースを入れるので、自由に使える音は残り3つ!
しかもリズムがしっかりとしていなくては踊れないので、パーカッションなどでリズムを補強しなければグルーヴが生み出せません。
って事は残りあと2つ!
シンセを足すのが王道ですが、ボイスを入れたりリズムを4つ打ち以外ものにしたり、和音で厚みを持たせたり、と各アーティストが工夫を凝らして6チャンネルで勝負しています。
音数が少ない分FXでごまかしたりできないので、ガチンコ勝負具合がひしひしと伝わってきて緊張感溢れるトラック満載です!
しかも、ちゃんとDJが使えるトラックを前提としてコンピレーションされているのでもちろんクラブでのプレイにも最適!
コチラで試聴もできます。
トラックリスト
 
01.Yuuki Hori - Gianduja Chocolate (OriginalMix)
02.Fuyuki - Whiskey Bon Bon(Original Mix)
03.Paranoia106 - Almond Chocolate(Original Mix)
04.Mitaka Sound - Chocolate Block(Original Mix)
05.SERi(JP) - LeTAO (Original Mix)
06.Kawatin - Lemon Chocolate(Original Mix)
07.Narita - Hot Chocolate(Oiginal Mix)
08.DJ Hisaeda - PRALINES(Original Mix)
09.KULARKs - Orangette(Original Mix)
10.Takashi Watanabe - Milk Chocolate(Original Mix)
11.Kouki Izumi - Chocolate Stout Beer(Original Mix)
12.Shinichi Uemura - Whirlpool Of Chocolate(Original Mix)
13.Takashi.m - Bonbon au chocolat bonbons Le Shogo(Original Mix)
14.Lefthandsoundsystem - Honey Choco(Original Mix)
15.Sick Of TV - Praline(Original Mix)
16.ksd6700 - GitHub a KitKat(Original Mix)
 
敢えて制限のある中でテクノを作るのはとても面白い事だと思います。
音数の制限がある中でどのような狙いでその音を鳴らしているのか?を考えるのも楽しいですし、頭をからっぽにして踊るだけでももちろん楽しめます!
 
キック(バスドラム)の音一つとっても個性が溢れています。
ただの「ドン」って音に聴こえますが、キックの音一つとってもとても奥が深くて「ドン」の「ド」の部分の鳴り方の強さや音の高さ長さと「ン」の部分の低音の伸び具合や低音の量や周波数分布、減衰する早さなどベストな「ドン」の為に色々な調整が行われています。
 
「ドン」を並べるだけで4つ打ちはできる。でも簡単に見えるけど難しい。
 
これってお米を炊くのと似てると思います。
お米を炊くのは誰でも方法を知ってますし、米を研いで炊飯器のボタンをポチっと押せばハイ出来上がり!
しかし、プロが炊くとなると米を選ぶ所から始まって、米の研ぎ方もそれぞれこだわるでしょうし、気温や湿度によって水加減を変えたり。機材も選ぶでしょう。業務用の炊飯器?高級な炊飯器?昔ながらの御釜を使って火加減を微調整?などテクニックを駆使して僕の炊くご飯より何倍も美味しいものを作りあげるハズです。
 
簡単そうに見える事ほど奥が深くて違いが分かるようになると更に楽しくなってくるんですよね。
 
キックはご飯だな。
堅いのが好きな人もいれば、柔らかいのが好きな人もいて。
ご飯がおいしければシンプルなおかずでも美味しいし、美味しいおかずにはご飯がないと始まらないし。
 
美味しいお米は沢山噛むほど甘味がでて美味しく感じます。
今回のチョコレートミニマルのテクノ達も色々な視点で聴いて頂くと、聴きこむほどに発見があって甘味が増すと思いますよ☆
 
リリースはミニマルの日(3/20)です!楽しみでなりません♪