DJWarpの音楽の旅

テクノやDTM,DJ,Apple Musicなど音楽のアウトプット

グズを治す3つのコツ

時間が無い。

仕事から帰って音楽に向かい合える時間は限られているのに、十分な時間が無い。

 

それでは時間を作ろう!とやってみたのが以前の記事。

1万時間の法則 - DJWarpの音楽の旅

 

よし、時間はなんとか出来るようになった。

 

あれ?でもやりたい事が進まない。

 
音楽制作やリミックス、レーベルのデモへの返信、新譜のチェックやプロモのフィードバック、DJ  Mixの制作やブログ更新など、やりたい事がどんどん増えるのに使える時間は減る一方。。
新しい事を始めても長続きせず「俺ってグズだなぁ〜」ってつくづく思います。
コレはいかん!とグズの原因を突き止め、グズを回避する方法を色々と試して行き着いた3つのコツを書き留めておきます。
常にクリエイティブである為には時間とヤル気もクリエイティブにコントロールしていかねばなりません。
 

グズを直す3つのコツ

 
①グズグズの中身を突き止める
 
やりたい事にすぐに取りかからない大きな理由を突き止め原因と対策を見つけます。
例えば僕の対策はこんな風。
 
例)スマホやテレビなどの誘惑がやりたい事に勝っている
  ↓
策)スマホの電源やテレビの主電源を切るなどして環境を無理やり作りましょう。
 
例)眠たい
  ↓
策)生理現象には勝てません。しっかり寝て早起きをしましょう。特に朝の5時から6時位間の集中力は驚くほど上がります。
 
例)何となくやりたくない
  ↓
策)全体像が把握できていないと、ゴールが見えずに先延ばしになりがちです。プロセスを細分化しゴールを決めましょう。
 
例)今日やらなくても明日すればいいや
  ↓
策)明日必ず自分が生きてるとでも思っているのかね?締め切りが無い案件はこうなりがち。
自分で締め切りを作りましょう。いつ死んでも後悔しないように。
 
次はやるべき事をしっかりと習慣にしていく事が大切です。
 
②やるべき事がやれる仕組みを作る
 
少しでもやりたくないなぁと思う事は後回しになりがち。
ここでは「プレマックの原理」と呼ばれる人間の性質を利用して克服していきます。
「プレマックの原理」とは”高い頻度で起こる行動は、低い頻度の行動を強化することができる”という原理です。

例えば、30分勉強したらスマホを使って良いとか、洗いものをしたらコーヒーを飲んでいいとか、やりたいけど頻度が低い事を高い頻度で(自主的に好んで)起こす行動とセットにすることで頻度の低い行動を強化する事ができる・・という方法です。

僕はビールを飲む前に腹筋をするというルールを作ってみたところ、腹筋をする頻度が上がりました(まだお腹はひっこまないけどね。ビールのせいかな?)
 
③やった自分を褒める
 
褒めて伸びるタイプを自称する人は多いと思います。
しかしプライベートな趣味や目標を褒めてくれる人は少ないものです。
・・ならば!自分で自分を褒めればいい!
手軽にできてオススメなのは「ご褒美シール」です。

小さなこどもが歯磨きできたらご褒美シールをカレンダーに貼っていったらシールが増えるのが嬉しくていつの間にか歯磨きが習慣になった・・という話を聞いて、小さなこどもが出来るなら大人にもできるに違いない!と手帳に小さなドットシールを貼り始めました。

腹筋ができたらオレンジのシール、英語のアプリやったら黄色のシール、という具合に毎日シールを手帳のカレンダーに貼っていくと・・「おお!凄い俺!毎日出来てる!!ヨシヨシ!」と達成感を味わう事が出来ました。自分を褒めましょう!偉いぞ俺!

最初の2週間を超えたころから「コンプリート欲」のような「毎日欠かさずシールを貼らないと・・一日でも欠けたらなんかヤダ!」という欲が湧いてきて、シールを貼りたいという理由のみが目的を達成する為の原動力になってきている事に気が付きました。

小さなシール一つで人生が変わるなら儲けものです。100円ショップ等でもかわいいシール沢山あるのでお気に入りのシールを貼るとヤル気倍増になるかもしれません。
 
という訳でグズを直す為のいくつかの方法を紹介しました。
あと更に3つほどのコツのようなものがありますが、また機会があれば。

何だか直接音楽とは関係のない内容になりましたが、次回はもう少し音楽の話をしようっと♪